ラ・ケーナさんに行ってきました。

3月3日
埼玉県幸手市にある、ラ・ケーナさんに行ってきました。
以前から、お気に入りのおいしいケーキ屋さんで、途中下車の旅(TV)などで紹介された、有名なお店です。
e0149683_20453064.jpg
今日はカフェスペースで、いちごロール(イチゴたっぷり)と モンブラン と 紅茶をいただきました。
甘さが程良くて、もっと食べたくなってしまう、おいしいケーキ&紅茶。 幸せ001.gif
e0149683_20455015.jpg
e0149683_2046855.jpg
私たちがお邪魔している間も、小さな女の子や女性、男性と性別年齢を問わず、いろいろな方がお買い求めにいらっしゃっていました。
e0149683_20463530.jpg
e0149683_20465647.jpg
ラ・ケーナさんのHP→http://www.la-quena.com/

ラ・ケーナさんのオーナー、東出さんは、実は、中南米の笛、ケーナを日本に初めて持ち込んだ方で、ケーナの大先生です。
芸術家は、ケーキを作られてもすごいんですね!
今日は、とっても幸運なことに、その東出さん、ご本人とお話することができました。
以前から、東出さんの噂を聞き、ケーナに興味のあった主人は、もうワクワク!
初めは、ケーキの話だったのに、いつの間にかケーナの話に・・・。

本物のケーナを東出さんが軽快なリズムで、私達の知っている曲を吹いているのを見て、興味津々。興奮しながら見ていると、東出さんが突然ケーナの指導をすることに!主人は笑顔で挑戦するも、音が出ない!!やっと出たと思ったら、顔を真っ赤にしていました。
私も吹きましたが、音がほとんど出ない(汗)。「難しいな。でも吹けたらいいな」と思っていたら、東出さんが「ミジケーナ」(東出さん命名の5センチ位のミニケーナ)をプレゼントしてくださいました。
「これで練習したら、うまくなるよ」と言われ、懸命に吹いていると、少し音がでるようになりました。ケーナ、面白いです。
こんな感じで、今日は、本当に充実したティータイムを過ごしました。
e0149683_1313890.jpg

実は、この話には続きが・・・
お店に戻り、仕事の合間に主人はミジケーナを練習。音が出るようになったので、ドレミファソラシドを練習し始めたら、ソラシドの指使いを忘れてしまい大苦戦。仕事が終わった後も、あれ?と言いながら、吹きまくり。
結局、思い出せないままでしたが、完全にケーナにはまってしまったようです。
[PR]

by luckyhs | 2009-03-04 13:19 | おすすめショップ埼玉  

<< なんのシフォンケーキ? なごみの料理教室 >>